読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GUU and SHIRO

自然界の楽しさ美しさを気のままに

新潟へ

f:id:takowasaonigiri:20170321000826j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321000850j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321000911j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321000924j:plain

 オオミスミソウ(大三角草)

 

f:id:takowasaonigiri:20170321001105j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321001119j:plain

 キクザキイチゲ(菊咲一華)

 

f:id:takowasaonigiri:20170321001135j:plain

 アズマイチゲ(東一華)

 

f:id:takowasaonigiri:20170321001216j:plain

 キクバオウレン(菊葉黄蓮)

 

f:id:takowasaonigiri:20170321001227j:plain

 カタクリ(片栗)

 

f:id:takowasaonigiri:20170321001244j:plain

 コシノカンアオイ(越の寒葵)

 花がめちゃでかい。指が入りそうよ。

 

f:id:takowasaonigiri:20170321001319j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321001335j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321001354j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321001406j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321001540j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321001635j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321001732j:plain

 アズマシロガネソウ(東白銀草)

 サンインシロカネソウは鳥取~福井

 アズマシロカネソウは福井~秋田に分布する。

 サンインは二色がきっちりと色分けされてますが、アズマはまだら。

 まだ初々しすぎる姿でしたが、絶対会いたかったので嬉しい。元気でね。

 

f:id:takowasaonigiri:20170321001902j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170321001855j:plain

 幼い頃は、母の実家である刈羽村や柏崎の海で夏休みを過ごしていて、移動手段はもっぱら雷鳥でした。車内では必ず日本海を見ながらアイスクリームを食べてました。

 それが自分の運転で帰ってこれるなんて、ジーン・・と感慨深いものがありました。

 子供の頃は新潟市までは行ったこと無かったですが、遠いですね。

 楽しかったです♡

シュンラン

f:id:takowasaonigiri:20170317113058j:plain

 シュンラン(春蘭)

 豪雪地帯では春が来るのが遅いため、シュンランを室内で開花させて春を味わっていたとか。

 うちでも開花しました。

 この三連休、もしかしたら遠くまで行くかも。

シロバナネコノメ

f:id:takowasaonigiri:20170311165146j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170311165151j:plain

 シロバナネコノメ(白花猫の目)

 高尾山なんかで有名なハナネコノメはシロバナネコノメの変種。

 違いは、茎の毛が多いか少ないか、花びらの先(萼裂片)がとがってるかどうか。

 見頃はもうちょっと先かな。

 愛知にあるという黄色いハナネコノメを見てみたい。

ユキワリイチゲ セリバオウレン 見頃

f:id:takowasaonigiri:20170304173850j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170304173919j:plain

 ユキワリイチゲ(雪割一華)

 やっぱり大好き♡

 盆が来れば「やっぱレンゲショウマが一番♡」となり、春が来れば「やっぱりユキワリイチゲ♡」となる。雰囲気・キャラクター的にはジャンル一緒でしょ。

 朝から張り切って見に行ってもダメですよ。暖かい午後からのんびりと見に行きましょう。

 

f:id:takowasaonigiri:20170304174741j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170304174930j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170304174938j:plain

 セリバオウレン(芹葉黄連)

 岩湧の人気スポットと化していますが、確かに可愛いですよね。

 雌を探してみましょう。

 

f:id:takowasaonigiri:20170304180434j:plain

 白猫はまだ眠い模様。

 

f:id:takowasaonigiri:20170304180450j:plain

 しな宅前の無人販売所。

 お母さんの商品かな?

 

 いよいよ春らしくなってきました。忙しくなりますね。

琵琶湖ドライブ

f:id:takowasaonigiri:20170225203105j:plain

 遠路はるばる高速に乗り

 

f:id:takowasaonigiri:20170225205158j:plain

 住宅街を抜ければ

 

f:id:takowasaonigiri:20170225205559j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170225205604j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170225205607j:plain

 ザゼンソウ(座禅草)

 中の黄色い部分が熱を持ち雪を溶かして虫を呼ぶ賢い野草。

 ここ滋賀県今津の群生地が南限だそう。

 雪に囲まれる中、自分の周りだけを綺麗に溶かした姿を見たかったんですが、ダメでした・・。雪はたっぷりだけど難しいね。

 

f:id:takowasaonigiri:20170225210724j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170225210728j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170225210809j:plain

 心が洗われる雪原。

 感動する私を横目に、新潟米農家育ちの母にとっては、なーんにも珍しくないみたい。あー、綺麗。

 ザゼンソウより雪景色に感動。

 

f:id:takowasaonigiri:20170225211549j:plain

f:id:takowasaonigiri:20170225211559j:plain

 琵琶湖を挟んだ向かいには伊吹山?全然分からない。

 ナイスなドライブコース♡

 

f:id:takowasaonigiri:20170225212048j:plain

 琵琶湖博物館にも寄りましたよ。

 ここはついでに来るとこじゃないです。メインで来ないと落ち着いて見れません。

 子供はタダでビックリ。